日本語 English 大きくする 標準 小さくする

記事一覧

ニッコウキスゲ (青森県 八戸市)

2014/02/19 青森県 花(ニッコウキスゲ) 7月

 場所・期間  <場所>・青森県八戸市 種差海岸<期間>・7月  概要  鮫町の蕪島を起点として南東に伸びる海岸線は、白砂青松、大小の岩礁、小島が交互に続きます。また、高山植物と、海浜植物の宝庫であり、春から秋にかけては、ニッコウキスゲなどの美しい花が咲き誇ります。広大な天然の芝生が波打ち際まで広がる種差天然芝生地、鳴砂の大須賀浜、ウミネコの大繁殖地である蕪島が代表的な場所です。 ​平成25年5月に、三陸復興国立公園に指定されました。  見どころ 6月下旬から8月上旬にかけて、海抜ゼロメートルの種差海岸に咲き誇ります!  アクセス・料金・営業日・お問合せ <アクセス>①電車 JR八戸線「種差海岸駅」から徒歩約5分②車 八戸自動車道「八戸IC」から約40分<お問合せ> 0178-46-4040 (八戸市観光課) 出典:本ページに掲載している原稿ならびに全画像は、八戸市観光課よりご協力いただきました。

八戸三社大祭 (青森県 八戸市)

2014/02/19 青森県 祭り・伝統文化 毎年7月31日~8月4日

 場所・期間  <場所・期間>・青森県八戸市 7月31日 前夜祭 場所:八戸市庁前市民広場、中心街 8月1日 お通り 場所:市庁前出発~中心街 8月2日 中日  場所:市庁前出発~中心街 8月3日 お還り 場所:鍛冶町出発~中心街 8月4日 後夜祭 場所:八戸市庁前市民広場、中心街  概要 八戸三社大祭は、290年あまりの歴史と伝統を誇る八戸地方最大のお祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。毎年7月31日から8月4日までの5日間、華やかな山車絵巻が繰り広げられます。 この祭りの見どころは、8月1日と3日の両日、龗(おがみ)神社・新羅(しんら) 神社・神明宮(しんめいぐう)の三神社の神輿行列と、神話・伝説・歌舞伎等を題材に、各山車組が製作した27台もの山車の合同運行です。豪華絢爛で大きな山車が中心街 を練り歩き、せり上がり等の山車の仕掛けが動くたびに、沿道は見物客の歓声に包まれます。また、7...

法霊神楽(ほうりょうかぐら) (青森県 八戸市)

2014/02/19 青森県 祭り・伝統文化 毎年5月第2土・日、8月1日、8月3日

 場所・期間 <場所・期間>・青森県八戸市 毎年5月 第2土・日: 法霊神楽祭              場所:龗(おがみ)神社神楽殿 毎年8月1日: 八戸三社大祭お通り 場所:八戸市中心街 毎年8月3日: 八戸三社大祭お還り 場所:八戸市中心街  概要  法霊神楽(ほうりょうかぐら)は、八戸藩の守護神として信仰されてきた龗(おがみ)神社に伝わる山伏神楽で、青森県無形民俗文化財に指定されています。年越しや元旦に拝殿で舞を奉納するほか、5月には境内の神楽殿で権現舞、山の神舞、 鶏舞、三番叟などの舞を披露する神楽祭を行っています。この神社が修験に縁ある歴史をもつことから権現様(ごんげんさま)を奉納する人が多く、八戸三社大祭の龗神社の行列で、その権現様の歯を打ち鳴らす「一斉歯打ち」 を披露し、音によりその姿により見る人の心を祓い清めます。また、権現様に頭を噛んでもらう「身固め」は、無病息災のご利益が...

ノラナタネ (青森県 八戸市)

2014/02/19 青森県 花(ノラナタネ) 5月

 場所・期間 <場所>・青森県八戸市鮫町蕪島<期間>・5月  概要  蕪島は、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されており、昭和十七年、十八年に旧日本海軍により埋め立て工事が行われ、今は島が陸続きになっています。平成25年5月に指定された、三陸復興国立公園の北の玄関口となっています。面積約1.8ヘクタールあまりの島に、約4万羽のウミネコが営巣のため春早くから来るので、ウミネコは春の訪れを告げる鳥として親しまれており、市の鳥にも指定されています。ウミネコ繁殖地は全国に10ヵ所前後存在しますが、ほとんどが人を寄せつけない断崖絶壁や離島であり、蕪島は間近で営巣の様子を観察できる国内唯一の場所です。ウミネコは、鳴き声が猫に似ていることから呼ばれるカモメの仲間で、飛んだときの尾羽に黒い帯があることで他のカモメと区別できます。主に日本列島周辺の海岸に生息し、北はサハリン、南は朝鮮半島あたりま...

金蛇水神社花祭り(藤・ぼたん) (宮城県 岩沼市)

2013/08/13 宮城県 花(藤・ぼたん) 5月中旬~下旬

Copyright  iwanumablog 場所・期間 <場所>・岩沼市 三色吉 <期間>・5月中旬~下旬 概要 境内の藤とつつじ、総面積1,000坪の敷地にある約100種、1,500株あまりのぼたんが咲き誇ります。  由来・歴史 金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)は千年以上の歴史を有する古いお社です。ぼたん苑は、昭和5年の開園です。 見どころ 樹齢300年を誇る境内の巨大な藤は、その昔1本の株から9本の枝が分かれていたことから、「九竜(きゅうりゅう)の藤」と呼ばれており、流れる滝のような開花時の藤棚は見事です。  アクセス・料金・営業日・お問合せ  <アクセス> ①電車  ・JR「岩沼駅」より、岩沼市民バスで「ハナトピア前」下車、徒歩7分  ・JR「岩沼駅」より 車で10...

鶴岡天神祭(化け物まつり) (山形県 鶴岡市)

2013/08/13 山形県 祭り・伝統文化 毎年5月25日

Copyright  yamagata tabibito 場所・期間 <場所>・鶴岡天満宮、市内目抜き通り、鶴岡公園 ほか<期間>・毎年5月25日 概要 庄内三大まつりのひとつです。 菅原道真公を祀る天満宮のお祭りで老若男女の別なく、派手な模様の長襦袢に角帯を締め、編笠と手拭で顔を隠した「化けもの」が、道行く人に無言で酒を振る舞う奇祭です。  由来・歴史 化けものになり、3年間にも知られず天満宮にお参りできると、願いがかなうという面白い言い伝えがあります。 見どころ 衣装一式(編笠・襦袢・角帯・腰紐・手拭2本)を無料貸出もしていますので、「化けもの」になって一緒に祭りを楽しむのもいいですね!  アクセス・料金・営業日・お問合せ  <アクセス> ①電車  JR「鶴岡駅」から湯野浜温...

蔵の町むらた春まつり (宮城県 村田町)

2013/08/13 宮城県 祭り・伝統文化 5月下旬

 場所・期間 <場所>・柴田郡村田町中心部(蔵の町並み)<期間>・5月下旬 概要 古くから仙台と山形を結ぶ街道の商都として栄えた「みちのくの小京都」村田。町を象徴する土蔵と豪勢な門構えの町並みを神輿が練り歩く、情緒ある祭りです。 見どころ 町内各地から集まった個性豊かな子供神輿、白鳥神社巨木「奥州の蛇藤」、伊達家ゆかりの龍島院庭園などもぜひ見てください。  アクセス・料金・営業日・お問合せ  <アクセス> ①電車  JR東北本線・「大河原駅」より宮城交通路線バス・村田・川崎行きで約20分 ②車  東北自動車道「村田IC」より約5分 <お問合せ>  0224-83-6406(むらた春まつり実行委員会)  022-211-2822(宮城県観光連盟)

曲水(ごくすい)の宴・毛越寺 (岩手県 平泉町)

2013/08/13 岩手県 祭り・伝統文化 毎年5月 第4日曜日

Copyright  hiraizumifanchannel 場所・期間 <場所>・平泉町字大沢 毛越寺(もうつうじ)<期間>・毎年5月 第4日曜日 概要 2011年6月にユネスコ世界遺産に認定された、毛越寺で行われる伝統行事です。  庭園の遣水(やりみず)に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む、平安時代の優雅な歌遊びです。 参宴の歌人のうち男性は衣冠(いかん)、狩衣(かりぎぬ)、女性は袿(うちぎ)、十二単等という装束をまとい、水辺に座ります。 開宴の言葉、歌題披露に続いて、催馬楽(さいばら)に合わせて若女(じゃくじょ)の舞が奉納されます。 やがて盃を乗せた羽觴(うしょう)が遣水に流されると、歌人たちが歌題に従い和歌を詠み短冊にしたためて、流れてくる盃を傾けます。 結びに講...

酒田まつり (山形県 酒田市)

2013/08/13 山形県 祭り・伝統文化 毎年5月19日~21日

Copyright  yamagata tabibito 場所・期間 <場所>・酒田市中心部<期間>・毎年5月19日~21日 概要 庄内三大まつりのひとつです。19日は宵祭りとして郷土芸能披露などがあり、20日の本祭りには大獅子や仔獅子、傘鉾など約50台の山車行列があります。  由来・歴史 慶長14年(1609年)から上下日枝神社の例大祭「山王まつり」として、一度も休むことなく続いている祭です。昭和51年10月29日に起こった酒田大火からの復興記念となった昭和54年から「酒田まつり」となりました。 見どころ 昭和54年に街の発展と、災害防止の願いを込めて制作された大獅子(縦横2mの頭に10mの胴体、黒・赤の2対4体)に、今では、仔獅子4体が誕生し、計8体の大獅子ファミリーとなって祭りを...

横浜町菜の花畑 (青森県 横浜町)

2013/08/13 青森県 花(菜の花) 5月中旬~下旬

Copyright  星空風景 Time Lapse Twinkling StarsCopyright  VIEWAOMORI 場所・期間 <場所>・上北郡横浜町 大豆田<期間>・5月中旬~下旬 概要 約100ヘクタールの畑一面に、レモン色の菜の花が咲き誇ります。黄色に輝く半島の代表的な春の景色です。360度見渡すと、西に陸奥湾、北に恐山、東には風車が見え、菜の花と織りなすさまざまな風景を楽しむことができます。※1ヘクタール=10,000㎡(100m×100m) 見どころ 丈が150cmくらいに伸びる菜の花の壁で作った「菜の花大迷路」に迷い込むのも楽しいです。下北鉄道の車窓から望...

全国泣き相撲大会 (岩手県 花巻市)

2013/08/10 岩手県 祭り・伝統文化 5月上旬の3日間

Copyright  英俊 及川 場所・期間 <場所>・花巻市東和町 三熊野神社<期間>・5月上旬の3日間 概要 お子様の健やかな成長を願い開催されている催事です。 生後6か月から1歳6カ月までの豆力士が、親方に抱かれ土俵上で「ヨォッ、ヨォッ」と掛け声をかけられ、先に泣いた方が負けというユニークな行事です。 ※参加可能です 参加費は、お一人 15,000円(着衣一式、記念品など)  由来・歴史 毎年9月19日の例大祭に神事として約300年前から行われている、泣き相撲の全国大会です。 見どころ 「目覚め泣き」「しらんぷり」「微笑み返し」など、 毎年ユニークな決まり手が登場し会場は笑顔であふれます。  アクセス・料金・営業日・お問合せ  <アクセス> ①電車  JR「土沢駅」から車で...

花山鉄砲まつり (宮城県 栗原市)

2013/08/10 宮城県 祭り・伝統文化 毎年5月5日

Copyright  JJ7CVI 場所・期間 <場所>・栗原市花山字本沢久保  御獄神社~花山中学校校庭(発砲会場) <期間>・毎年5月5日 行列13:00~14:00、鉄砲披露(発砲)14:00 概要 県内唯一の火縄銃の祭りで、御嶽神社から花山中学校まで、鉄砲隊の衣装を纏った鉄砲組を先頭に、子供鉄砲組・稚児行列・子供みこし・お囃子・手踊りが練り歩きます。戦国の世の風情を感じる行事です。 由来・歴史 正徳2年(1712)に始まった、300年の伝統がある行事です。藩政時代領主の奥方が、病弱な幼君の健康を願って、蔵王権現御嶽神社に祈願したところ御利益があったため、鉄砲組に祝砲を撃たせたことがはじまりとされています。 見どころ 鉄砲組独特の歩行と、日本で唯一伝承された火縄銃の古式技法にのっと...

安久津八幡神社春の祭礼 (山形県 高畠町)

2013/08/10 山形県 祭り・伝統文化 毎年5月3日

 場所・期間 <場所>・高畠町安久津 安久津八幡神社<期間>・毎年5月3日 概要 8人の巫女が、安久津八幡神社本殿に向かう石畳の参道途中にある舞楽殿で「田植舞」を、本殿で3曲を舞い、農作業の安全と五穀豊穣を願い奉納します。 由来・歴史 奈良春日大社での舞と同系のものといわれる、「倭(やまと)舞」と言われ、気品ある舞いです。 見どころ 小さな町の素朴な設えと伝統的な舞は、どことなく懐かしい郷愁に誘います。  アクセス・料金・営業日・お問合せ  <アクセス> ①電車  JR「高畠駅」から車15分 ②車  東北道「福島飯坂IC」から国道13・113号経由で70km(約60分) <お問合せ>  0238-52-2924(安久津八幡神社)  0238-57-3844(高畠町観光協会)

江刺甚句まつり (岩手県 奥州市)

2013/08/10 岩手県 祭り・伝統文化 毎年5月3日~4日

Copyright  ooooYOHEIoooo 場所・期間 <場所>・奥州市江刺区市街地<期間>・毎年5月3日~4日 概要 10台の囃子屋台と2000人の踊り手で賑わう市民総参加のまつりです。25歳・42歳の年祝連を中心とした多彩なイベントのほか、江刺区内小中学生による、『音楽パレード』・『子供甚句踊りパレード』が繰り広げられます。4日には、岩手・江刺を代表する郷土芸能「江刺鹿踊」による『百鹿大群舞』が行われ、10台の囃子屋台と3,000人の踊り手による『江刺甚句大パレード』でクライマックスを迎えます。 由来・歴史 奥州市江刺区の中心市街地である岩谷堂地区は、享保16年(1731)の岩谷堂大火から明治39年(1906)までに7度の大火災にあったことから、町の復興と火災防止を祈願した...

山五十川歌舞伎 (山形県 鶴岡市)

2013/08/10 山形県 祭り・伝統文化 毎年5月3日と11月23日

Copyright  yamairagawa7201 場所・期間 <場所>・鶴岡市 山五十川古典芸能伝承館<期間>・毎年5月3日と11月23日 概要 鶴岡市の南部、五十川流域の中流に位置する、人口約600人、170戸の小さな集落で行われる神事歌舞伎です。主な芸題は、「仮名手本忠臣蔵」「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」などで、山戸能と併せて、昭和45年には、斎藤茂吉文化賞を受けるなど、内外で高く評価されています。 県指定無形民俗文化財です。 由来・歴史 村人は、数百年の歴史を持つ「山戸能」と「山五十川(やまいらがわ)歌舞伎」の2つの古典芸能を、今に守り伝えています。歌舞伎は、宝永年間(1704年)にさかのぼると言われています。寛政4年(1792年)、疫病を祓い村を救った湯殿山鉄門海上人へ...

子供騎馬武者行列 (岩手県 奥州市)

2013/08/10 岩手県 祭り・伝統文化 毎年5月3日

Copyright  商業観光課 奥州市 場所・期間 <場所>・奥州市水沢区市街地<期間>・毎年5月3日 概要 鎧兜に身を包み、勇ましい姿の騎馬武者などに扮した子供たちが、市街地を練り歩く駒形神社の春の例祭です。 鎧に烏帽子姿の八幡太郎義家公の行列に、袿(うちき)姿の姫君や女武者が花を添えます。 続いて有名な武将に扮した子供騎馬武者行列が続きます。 行列のほとんどが騎馬で行進し、馬の数は50頭、全長400m以上にもなります。  由来・歴史 平安時代後期、前九年の役・後三年の役と続いた当地方の戦乱を終結したのは、源頼義・義家父子でした。 義家はそののち駒ケ岳中腹に社殿を造り、かぶら矢を立てて土地の平安を祈りました。 この故事にちなみ、次代をになうこども達がその武勇にあやかり、健康に成長す...

弘前さくら祭り (青森県 弘前市)

2013/08/07 青森県 花(桜) 4月下旬~5月上旬

花ふぶきCopyright  sanpostyle 場所・期間 <場所>・弘前市 弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」)<期間>・4月下旬~5月上旬※現在天守は、石垣工事のため移動しています。この工事は平成26年から着工し、約10年を要するとされています。進捗状況につきましては、弘前市のホームページをご確認ください。  概要 日本一の規模を誇る弘前公園の桜は、弘前城と桜が絵になる美しい風景です。公園内には、ソメイヨシノを中心に、シダレザクラ、八重桜など、約50種類、2,600本の桜が咲き誇ります。  由来・歴史 正徳5年(1715)に、津軽藩士が25本のカスミザクラ等を京都から取り寄せ、城内に植えたのが始まりと言われています。明治期には、荒れ果てた城内を見かねた旧藩士だった菊池楯衛が、ソメイ...

角館の桜まつり (秋田県 仙北市)

2013/08/07 秋田県 花(桜) 4月下旬~5月上旬

Copyright  SmileWebNetwork 場所・期間 <場所>・仙北市角館町<期間>・4月下旬~5月上旬 概要 「みちのくの小京都」と呼ばれる角館町。 武家屋敷の黒塀に映える満開のしだれ桜は、歴史と風情を感じる桜の名所です。 桧木内(ひのきない)川沿いを彩る桜のトンネル(約2km)も美しい風景です。  由来・歴史 武家屋敷の枝垂れ桜の歴史は、今から約320年前にさかのぼります。角館二代目藩主、佐竹義明の妻がお輿入れの際、京都三条西家から持ってきた嫁入り道具の中にあった3本の桜の苗木が、長い年月をかけて受け継がれ、今日の枝垂れ桜になったと伝えられています。今では、162本が国の天然記念物になっています。 見どころ 国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けている武家屋敷...

中新田の火伏せ(虎舞い) (宮城県 加美町)

2013/08/07 宮城県 祭り・伝統文化 毎年4月29日

Copyright  復興カレンダー とうほく 場所・期間 <場所>・加美町中新田 鹿島神社<期間>・毎年4月29日 概要 火災防止を祈願する舞です。 色鮮やかな山車と、虎4頭を1組に、笛と太鼓の音に合わせて町を練り歩きます。  由来・歴史 この町が大火で何度も全焼していることから、伊達政宗の領有する以前から続いていると言われ、約650年の歴史があります。  見どころ 町家の屋根の上で演じられる虎舞いは有名で、町を練り歩く山車は、豪華な飾りつけが見事です。  アクセス・料金・営業日・お問合せ  <アクセス> ①電車  ・JR「仙台駅」西口よりミヤコーバス 加美特急中新田行きで約70分  ・JR東北新幹線「古川駅」よりミヤコーバス 色麻役場前行きで約30分、「中新田西町」下車 ②車...

世界一の桜並木 「オオヤマザクラ」 (青森県 弘前市)

2013/08/07 青森県 花(桜) 4月下旬~5月上旬

 場所・期間 <場所>・弘前市百沢寺沢 高照神社~瑞穂<期間>・4月下旬~5月上旬(名峰 岩木山を望む) 概要 全長20kmの並木道に、6,500本のオオヤマザクラが咲き誇ります。 4上旬~下旬には、ミズバショウのほか、高山植物なども見ることができます。 左の地図をクリックすると拡大します。  由来・歴史 1985年から「岩木山麓に世界一の桜並木を!」をキャッチフレーズに、たくさんの人たちの協力により10年をかけて「オオヤマザクラ」を植樹し、今に至ります。(画像は、白神側からの桜並木) 見どころ オオヤマザクラと岩木山や津軽の雄大な自然のコントラストは見事です。バス停「小森山入口」から「嶽温泉郷」までの、約9kmの県道3号線沿いには遊歩道もあります。ルート上には、桜林公園や水芭蕉沼、黒滝渓流など美しい景観があり、見どころ満載です。途中には、東屋もありますので、桜と岩木山を眺めなが...

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR