日本語 English 大きくする 標準 小さくする

新野の雪まつり (長野県 阿南町)

2013/07/17


Copyright  onohp


 場所・期間 

<場所>

・下伊那郡阿南町
 伊豆神社

<期間>
・毎年1月14日
 16:00~翌15日 8:00頃
 



 概要 

五穀豊穣を祈願する祭事で、田楽、舞楽、神楽、猿楽、田遊びなどの日本の芸能絵巻が徹夜で繰り広げられます。


雪まつりに使用する仮面(面形・おもてがた)は、墨、胡粉(こふん)、紅ガラだけで仕上げた素朴さが特徴で、現在は19種の面があり、鎌倉時代の様式を今に伝えています。
仮面をつけることによって、演者は神の化身となります。


国の重要無形民俗文化財に指定されています。
 



 由来・歴史 

雪は稲穂の花に見立てられ、当日に雪が降ると豊作になると考えられています。


ひと握りの雪でも神前に供えなければ祭りが成立しないと信じられているので、新野に雪がないときは、遠くの峠まで取りに行きます。


披露される伝統芸能は、能や狂言などの原点とも言われています。


雪まつりは、国文学者で歌人の折口信夫(おりぐち しのぶ)に命名され、「日本の芸能を学ぶものは、一度見る必要のある祭り」と全国に紹介されました。
 



 見どころ 

雪の降り積もる夜に、大木が並ぶ伊豆神社境内で松明の火が燃える中、披露される数々の伝統芸能は、神様たちが踊りを楽しんでいるかのようです。
異次元に迷い込んだかのような幻想的光景が広がります。



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR飯田線「温田(ぬくた)駅」下車、車で30分

②車
 三遠南信自動車道「天龍峡IC」から40分

<お問合せ>
 0260-22-4055(阿南町振興課)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR