日本語 English 大きくする 標準 小さくする

遠山の霜月まつり (長野県 飯田市)

2013/07/12


Copyright  k hana


 場所・期間 

<場所>

・飯田市上村、南信濃の9ヶ所の神社 
 ※狭い神社の中で神事は行われますので、見学、写真及び
   ビデオ撮影は、神事の邪魔にならないようにエチケット
   を守ってください。

<期間>
・12月

※地域によって日程が違います。
詳細はこちら
http://www.tohyamago.com/simotuki/nittei/index.php
 



 概要 

煮えたぎる釜のまわりを、夜を徹して仮面をつけた演者が舞います。


湯を浴びて、身を清め、五穀豊穣と人々の健康と平和を祈願する神事です。


南信濃村には、湯立神楽を行っている神社が九社あります。そのうち旧木沢地区に六社があり、三社が和田を中心としています。
霜月まつりの後半には、各神社に保存されている面(オモテ)が登場します。この面の中で、一番人気があるのが、四人の若者たちが荒れ狂う四面という面で、四面は和田方面の祭りには登場せず、木沢を中心とする祭りの特色になっています。


また、お囃子は、和田方面は太鼓だけで、木沢方面は、太鼓と笛です。
お囃子の調子に併せるように、和田の神楽舞は動きが激しく、木沢方面の舞は、全体がゆるやかで優美なものとなっています。


国の重要無形文化財に指定されています。
 



 由来・歴史 

清和天皇の時代(859~876)に宮廷で行われていた祭事を模した湯立神事が、ほぼ原形のままで伝承されていると言われています。


また、映画「千と千尋の神隠し」で神々が湯治に訪れるというアイディアは、この神事がモデルになったそされています。
 



 見どころ 

周囲を山と渓谷に囲まれた秘境で見る夜を徹して披露される舞は、神秘的です。



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 


<アクセス>
①電車
 JR飯田線「平岡駅」からタクシーで約15~30分 

②車
 中央自動車道「飯田IC」から約80分


<料金>
 霜月まつりには、莫大な経費がかかるので、まつりに訪れる人々の芳志でまかなわれています。
 できましたら2,000~3,000円で結構ですので、奉納されることをおすすめします。


<お問合せ>
 0260-34-1071(遠山郷観光協会)
 0260-36-2211(上村自治振興センター)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR