日本語 English 大きくする 標準 小さくする

秋の高山祭(八幡祭) (岐阜県 高山市)

2013/07/03


Copyright  TakayamaKanko


 場所・期間 

<場所>
・高山市
 桜山八幡宮周辺

<期間>
・毎年10月9日~10日





 概要 

旧高山城下町北半分の氏神様である桜山八幡宮の例祭、安川通りの北側・下町に11台の屋台が登場します。
屋台が町を巡る曳き廻しや、布袋台のからくり奉納などの伝統行事が楽しめます。

①御神幸(祭行列)
闘鶏楽(とうけいらく)、裃姿(かみしもすがた)の警固など、伝統の衣装に身をつつんだ総勢数百名の大行列が、お囃子や雅楽などを披露しながら町を巡ります。

9日: 13時頃に八幡宮表参道を出発。
10日: 8時30分頃に八幡宮表参道を出発、13時30分頃にお旅所を出発。


②からくり奉納
八幡宮境内で、1日2回ずつ披露される布袋台のからくり奉納です。

9日: 12時頃と15時頃
10日: 11時頃と13時頃


③屋台曳き揃え
国の重要有形民俗文化財の屋台11台が一斉に揃います。

9日: 9時~16時
10日: 9時~16時


④屋台曳き廻し
4台の屋台が町を巡ります(4台のうち神楽台・鳳凰台は毎年登場)。

9日: 13時30分
 

⑤宵祭
100個の提灯を灯した屋台が町をめぐります。

9日: 18時頃~21時頃まで

※それぞれの時間は予定ですので、年によって変更となる可能性があります。


以下のHPでご確認下さい。
http://www.hida.jp/matsuri/akimatsuri.htm
 



 由来・歴史 

16世紀後半から17世紀の間に始まったと言われています。



 見どころ 

晴天の秋空のもと、昔ながらの美しい景観を継承している市内を、屋台が練り歩く様子は風情のある光景です。
屋台の彫刻や見送幕の美しさ、からくり人形の精巧な作りには、匠の技が光り、見る者を魅了します。

また、闇夜に浮かぶ提灯と屋台の風景は、幻想的かつ神秘的で、時が経つのを忘れます。




 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR「高山駅」から徒歩20分

②車
 長野道「松本IC」から国道158号経由で90km

<お問合せ>
 0577-33-7980(高山祭案内本部) ※10月9日・10日のみ開設
 0577-32-3333(高山市役所 観光課)
 0577-32-5328(飛騨高山観光案内所)
 

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、高山市観光課よりご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR