日本語 English 大きくする 標準 小さくする

火おんどり・鍋づる万灯・ 乗本万灯(のりもとまんとう) (愛知県 新城市) 

2013/06/12

火おんどり

Copy right  sengoku001

乗本万灯

Copy right  sengoku001


 場所・期間 

①火おんどり 日時:毎年8月15日
       場所:信玄塚

②鍋づる万灯 日時:毎年8月15日
       場所:万灯山(市川)

③乗本万灯  日時:毎年8月15日
       場所:万灯山(乗本)
 



 概要 

①火おんどり

織田信長・徳川家康連合軍3万8000と武田勝頼軍1万5000との間で勃発した長篠の戦い(1575年6月29日)の1万を越える戦死者の供養が、今でも受け継がれています。

合戦後間もなく、設楽原決戦の戦死者を葬った信玄塚から大量の蜂が発生し、人々を苦しめました。これを武田の亡霊だと考えた村人たちが、戦死した武田軍の霊を慰めるためにはじめた慰霊祭です。

厳な火種の行列に始まり3m、直径80cmもの大松明を8の字を描くように振りかざす勇壮なフィナーレは圧巻です。

火おんどりとは火踊りが転訛したものです。 

<アクセス>
電車:JR飯田線「三河東郷駅」から徒歩15分
車: 東名高速「豊川IC」から30分


②鍋づる万灯
お盆の15日の夜、大きな松明を山の斜面に立てて一斉に点火する、精霊の送り火の行事です。
燃える松明の光が鍋弦のような形をしていることから「なべづる」万灯と呼ばれています。
(新城市観光協会HPより)

<アクセス>
電車:JR飯田線「鳥居駅」から徒歩2分(見学ポイント)
車: 東名高速「豊川IC」から40分


③乗本万灯
毎年8月15日の盆の夜精霊送りと悪霊鎮送の意味をこめて行われる盆行事です。
5、6mの縄の先につけられた万灯(麦わら製)を、さらしを巻き足にはわらじを履いた若者が力強く頭上で振り回します。

<アクセス>
電車:JR飯田線「鳥居駅」から徒歩2分(見学ポイント)
車: 東名高速「豊川IC」から40分

 



 見どころ 

どれを見るか迷ってしまいますが、火による鎮魂の神事は荘厳かつ夏の夜の風情があります。



 お問合せ 

0536-32-0022(新城市観光協会)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR