日本語 English 大きくする 標準 小さくする

水止舞 (東京都 大田区)

2013/06/02

 場所・期間 

<場所>
・大田区大森東
 厳正(ごんしょう)寺

<期間>
・毎年7月14日 13:00~15:00
 

 概要 

古くから水害に悩まされたことから伝わる、雨を止める珍しい祈りの行事です。

雨乞いとなる「道行き」では、ほら貝を持った白装束の男2人を雌雄の龍神に見立てて太い藁縄でぐるぐる巻きにし、法被の男たちがそれを道に転がします。龍神が吹き鳴らすほら貝が響く中、法被衆もろとも水を浴びせかけられながら、神社まで運んでは転がしが繰り返されます。
神社に着くと舞台に水が撒かれて藁縄が解かれます。藁縄を解くことが龍神の死と雨止めを表すとされ、その後舞台で獅子舞が奉納されます。

都の無形民俗文化財に指定されています。
 



 由来・歴史 

元亨(げんこう)元年(1321)、武蔵国(むさしのくに)(現在の埼玉県、東京都、神奈川県の一部)は大干ばつにみまわれた時に、農民たちは、当時の寺の住職、法密上人に雨乞いを祈願したところ、雨が降りました。

しかし、二年後の元亨3年(1323)は3月3日からずっと大雨が降り続き、農民たちは、2年前の雨乞いのせいだとしました。
そこで、上人が龍の頭を三体堀り、それを使って獅子舞を踊らせたり、ほら貝をるかせたりしたところ、雨が止んだという言い伝えがあります。

それ以降、今に続く、700年の伝統ある祭りです。
 

 見どころ 

「道行き」では、水の入ったバケツを持った子どもたちが容赦なく龍神に水を浴びせかけます。
観光客やカメラマンも要注意ですが、夏の暑い盛りに行われる風物詩ですので、濡れても大丈夫な格好がおすすめです。
 


 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR京浜東北線「大森駅東口」より、京急バス森ヶ崎行き、大森東五丁目行き、
 あるいは羽田車庫行きで「大森警察」下車、徒歩約5分

<お問合せ>
 03-3768-1810(厳正寺 水止舞保存協力会)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR