日本語 English 大きくする 標準 小さくする

山田の春祭り (埼玉県 秩父市)

2013/07/26


Copyright  imarin34



Copyright  STARLESS43


 場所・期間 

<場所>
・秩父市山田
 恒持神社

<期間>
・毎年3月 第2日曜日






 概要 

五穀豊穣を祈願する祭りです。
屋台が2台と笠鉾1台が市内を練り歩きます。

祭り当日の朝、恒持神社に向けて各地区から笠鉾・屋台が出発します。
午前10時過ぎには、神代神楽が恒持神社の神楽殿で奉納されます。
その間、造花が枝垂れるように飾られた笠鉾と、美しい装飾の屋台が境内に揃います。


午前11時に祭典が行われた後、2台の屋台では、所作事(しょさごと:長唄による子供の舞踊)が奉納されます。
所作事は、午後の巡行時においても、御旅所(おたびしょ)である八坂神社までの辻々で披露されます。


夕方、再び恒持神社へ帰還すると、笠鉾と屋台には提灯やぼんぼりに明りが灯され、街中を再び練り歩きます。


市指定有形民俗文化財に指定されています。
 



 由来・歴史 

2台の屋台は江戸時代後期に創建されたと伝わっており、秩父地方に数ある屋台の中でも比較的古い形態を残しているとされます。
大棚笠鉾は明治初期の作と言われています。










 見どころ 

お囃子が響きわたる中、白く雪化粧をした武甲山を背にして市内を進む美しい屋台は、とても風情があります。
美しい屋台の中で舞う、子供たちの所作事も可愛らしく、春の祭りに華を添えます。

日中に見る笠鉾と屋台のはもちろん、提灯やぼんぼりで彩られた夜の姿は幻想的な美しさです。





 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 西武鉄道「西武秩父駅」または秩父鉄道「秩父駅」から西武観光バス定峰行き
 または、皆野行きに乗り換え、臨時バス停「学校前」下車

②車
 関越自動車道「花園IC」から国道140号経由で約40分

<お問合せ>
 0494-25-5209(秩父市観光課)

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、秩父市観光課よりご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR