日本語 English 大きくする 標準 小さくする

水郷佐原水生植物園  (千葉県 香取市)

2013/05/26


Copy right  YGEN3


 場所・期間 

<場所>
・香取市扇島 

<期間>
・6月中~下旬 
イベント情報の詳細は、下記アドレスをご覧ください。
http://www.city.katori.lg.jp/suisei-syokubutsuen/




 概要 

約6ヘクタールの園内に、伊勢系・肥後系・江戸系など400種類、150万本の花菖蒲が咲き誇ります。

水運の街として栄えた江戸情緒を残す佐原地区の水郷地帯です。

白、紫のハナショウブが緑の葉と水面に映える美しい風景は、初夏を涼やかに演出しています。

※1ヘクタール=10,000㎡(100m×100m)

 



 由来・歴史 

昭和44年に開園しました。

土地の風土である、水と緑を生かした観光レクリエーション施設です。
ハナショウブ(花菖蒲)は、日本を代表する園芸植物で、花の少ない梅雨の時期に咲く花として江戸時代後期から江戸を代表する花として親しまれてきました。





 見どころ 

遊歩道からの眺めもいいですが、水郷の街らしく、女船頭が漕ぐサッパ舟からの眺めがおすすめです(園内舟めぐりは、所要時間約10分)。
花とほぼ同じ目線で見る水と花の景色は、格別で風情があります。

「水郷佐原あやめ祭り」期間中(5月下旬~6月下旬)の週末には、かつてこの地の風習であった輿入れを再現した嫁入り舟の風景が見られます。
一般応募から選ばれた新郎・新婦が舟に揺られて結婚のお披露目をします。とても絵になる風景です。

7月上旬頃には、300品種以上(品種数日本一)の花ハスが咲き誇ります。

近くの前川あやめ園(茨城県潮来市)にも、同時期約500種類、100万株のあやめが咲き誇ります。
こちらは、高さ10mの水雲橋から公園の全景を望むことができますので、一緒にめぐってみてはいかがでしょうか。
舟から、橋の上から花を眺めるのもいいですね。




 アクセス・料金・営業日・お問合せ 
 

<アクセス>
①電車
 JR成田線「佐原駅」から潮来方面行きバス25分、「水生植物園入口」下車徒歩5分

②車
 東関東道「佐原香取IC」から12km 

<入園料>
 ①5月~8月
  大人:500円、小・中学生:250円

 ②あやめ祭り期間中 
  大人:700円、小・中学生:350円

 ③サッパ舟
  大人:500円、小人:200円

<開園時間>
 9時~16時30分(但し、あやめ祭り期間中は8時~18時30分)

<休園日>
 月曜日休、5月~8月は無休

<お問合せ>
 0478-56-0411
 



 フォトギャラリー 

      

      

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、香取市役所 経済部商工観光課よりご協力をいただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR