日本語 English 大きくする 標準 小さくする

木場の角乗 (東京都 江東区)

2013/07/05


Copyright  勝太 亀田


 場所・期間 

<場所>
・江東区木場
 都立木場公園

<期間>
・毎年10月 第3または第4日曜日

(画像は、
梯乗り)




 概要 

木場の筏師が、水に浮く材木を鳶口(とびぐち)1つで乗りこなし、粋な日傘を片手に角材に乗る「日傘乗り」や、停止した角材の上で2人がシャチホコ立ちする「金のしゃちほこ」など、さまざまな技が披露されます。


江戸情緒あふれる行事は、都の無形民俗文化財です。

(画像は、金の鯱)
 



 由来・歴史 

江戸時代から現代に伝わる伝統行事で、筏に組む仕事の余技から発生した妙技です。

木場はその名のとおり、かつては貯木場の町で、700軒余の材木問屋、100余の製材業者が集まる木材の一大集散地でした。

(画像は、
義経八艘飛び)




 見どころ 

どの技もバランス感覚に優れ、スリル満点で見どころ満載です。

特に、三宝を積み重ね、その上に片足で乗って演技する「三宝乗り」や、2本の角材に乗った演技者2人が子供を駕籠に乗せ、それぞれの角材を回しながら進むという離れ業「戻り駕籠乗り」、角材に梯子をとりつけて梯子乗りする「梯子乗り」は必見です。

観客からの拍手喝采に湧く、秋の江戸の風物詩です。

(画像は、
花駕籠(戻り駕籠)乗り)



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 東京メトロ「木場駅」から徒歩10分

<お問合せ>
 03-3647-9819(江東区役所地域振興部文化観光課)
 



 フォトギャラリー 

      
から傘乗り(左)、一文字(右)


川蝉乗り

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、Wa☆Daフォトギャラリー 和田義男様よりご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR