日本語 English 大きくする 標準 小さくする

秩父川瀬祭 (埼玉県 秩父市)

2013/06/05


Copy right  MaturiJP


 場所・期間 

<場所>
・秩父市
 秩父市街、秩父市番場 秩父神社

<期間>
・毎年7月19日~20日




 概要 

12月3日の秩父夜祭と対比するお祭りです。
夜祭に対して昼の祭り、冬に対して夏、神輿が神社から山に向かうのに対して神社から川へ下り、大人に対して子供のお祭りです。

19日の宵祭りは、絢爛豪華な8基の笠鉾・屋台が秩父屋台囃子のリズムに乗って曳き回されます。
笠鉾・屋台の囃子手は子供達が務めます。

20日は、秩父神社境内に集合した笠鉾・屋台が御神幸行列に先立ち出発します。
午後2:30すぎ頃、重量約400kgもの白木造りの神輿が荒川の清流の中へと入る「神輿洗いの儀式」が行われます。
これには、水の恵みに感謝し災厄を流す意味があります。

 



 由来・歴史 

起源は不明ですが、万治2年(1659年)、宝永4年(1707年)及び文化~天保年間(1804~1844年)の文書等に川瀬祭の記述が確認できるので、300年以上の歴史があると考えられます。








 見どころ 

伝統衣装を身にまとい、元気いっぱいに声を張り上げる子どもたちの姿はかわいらしく、笑みがこぼれます。
楽しい子供のお祭りです。

ぼんぼりが灯る屋台が美しい宵山は幻想的です。
翌日、町の中で競い合われるお囃子なども、活気ある祭りらしい風景で、見どころがたくさんです。




 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 ・秩父鉄道「 秩父駅」より徒歩3分
 ・西武鉄道「西武秩父駅」より徒歩10分 

②車
 関越道「花園IC」から国道140号経由35km 

<お問合せ>
 0494-22-0262(秩父神社)
 0494-25-5209(秩父市観光課)
 



 フォトギャラリー 

   

   

   

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、Wa☆Daフォトギャラリー 和田義男様より、ご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR