日本語 English 大きくする 標準 小さくする

黒川能 (山形県 櫛引町)

2013/07/21


Copyright  yamagatakoho


 場所・期間 

<場所>
・鶴岡市 櫛引地区
 春日神社、黒川の当屋(座中民家)

<期間>
・毎年2月1日~2日



 概要 

春日神社のご神体の王祇様をお迎えする神事です。


黒川地域では、上座と下座の二つの宮座に分かれて能を継承しています。
初日は、上下両座にそれぞれ能太夫がいて、それぞれの民家(当屋)に王祇様を迎えて能を奉納します。
上座・下座それぞれの民家に能舞台に仕立て、夕刻から子供による「大地踏」に始まり、夜を徹して「式三番」、能五番、狂言四番が演じられます。


翌日は、上座、下座が競って王祇様を神社にかつぎ入れる「朝尋常」が行われた後、春日神社の舞台で両座立合いの「大地踏」、両座共演の「式三番」が上演し、最後に両座競争の神事が夕方まで続きます。


国指定重要無形文化財です。


※当屋での観能希望の方は前年11月末まで黒川能保存会へ申込み。希望者多数の場合は抽選となります。
詳細はこちら
 



 由来・歴史 

黒川能は、天正年間(16世紀後期)に始まったと言われ、約500年の歴史と伝統があり、春日神社の氏子たちにより、暮らしに密着した民俗芸能として伝承されています。
長い間受け継がれてきた習慣に基づいて準備が進められ、演者は、約1カ月前から稽古に徹します。



 見どころ 

雪深い風土の中、風情ある民家や神社で、ろうそくが灯る舞台で演じられる独特な能は、幻想的です。


素晴らしい伝統芸能を年輩者、若者、子供たちがみんなで大切に守っている姿を見ると、心が温かくなります。
 



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 
 

<アクセス>
①電車
 春日神社
 ・JR「鶴岡駅」から松根朝日庁舎行バスに乗り換え、「みやの下神社前」下車、徒歩2分
 ・JR「鶴岡駅」から車で25分

②車
 山形道「庄内あさひIC」より10分

<お問合せ>
 0235-57-5310(黒川能保存会)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR