日本語 English 大きくする 標準 小さくする

竹崎の鬼祭り (佐賀県 太良町)

2013/07/17


Copyright  Hidekawa0627


 場所・期間 

<場所>
・藤津郡太良町大浦甲248 
 竹崎観世音寺境内

<期間>
・毎年1月2日 19時~ 
             3日   14時~



 概要 

修正会とは、年の初めの生命の蘇りを讃え祝う祭のことです。

「童子舞」では、魚笠をかぶり、仮面をつけ、手にはホラ貝に盛った種籾をもつ舞い手が、唱え詞にあわせて、身体を左右に傾ける所作で踊り、最後には種籾を播き散らします。

鬼祭や裸祭とも言われる「鬼追い」は、伝説に基づいた神事です。
島の東端にある夜灯鼻(やとうばな)の沖に住む鬼と、観音堂の箱の中に納められている鬼の2匹の夫婦鬼が、正月の晩に互いに呼び合い、再会すると竹崎島が転覆するという言い伝えがありました。
この2匹の鬼が出会うのを阻止するために開催されるお祭りで、島をひっくり返そうと企む観音堂に閉じこめられていた鬼が、観音堂から脱出するのを島の若者たちが阻止し、鬼箱を奪い鬼を封じ直すというものです。

「童子舞」は、古い形式を色濃く残しており、国の重要無形文化財に指定されています。
 



 由来・歴史 

1,000年以上受け継がれている祭事です。

竹崎観世音寺は、709(和銅2)年に行基菩薩によって創建されたと言われています。
 



 見どころ 

「童子舞」の優雅な舞には、歴史と伝統を感じます。

赤い鬼副が鬼箱を持ち出しふんどし姿の男たちがぶつかり合う「鬼追い」は圧巻です。
 



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 
 

<アクセス>
①電車
 JR長崎本線「肥前大浦駅」から祐徳バス竹崎線竹崎港行きに乗り換え、「観世音横」下車すぐ


<お問合せ>
 0954-68-2854(竹崎観世音寺)
 0954-67-0065(太良町観光協会)
 0954-67-0312(太良町企画商工課)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR