日本語 English 大きくする 標準 小さくする

御宝殿の熊野祭 (福島県 いわき市)

2013/06/05


Copy right  sakano shuji


 場所・期間 

<場所>
・いわき市錦町
 御宝殿熊野神社 

<期間>
・毎年7月31日~8月1日



 概要 

農作物の豊凶を占うため、五穀豊穣を意味する鉾を社殿前に立てる「鉾立の神事」から始まり、露払い2名とビンザサラ6名の計8名の稚児が豊年祈願に舞う「稚児田楽」が奉納されます。

豊年を感謝する「風流」は獅子舞と呼ばれ、鷺舞・龍舞・鹿舞・獅子舞を櫓の上で踊ります。

紀州熊野から伝わった古風な味わいのある祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

 



 由来・歴史 

熊野神社は、昔、烏の案内で現在の地に鎮座されたといわれる紀州熊野の神のご分霊と言われています。

稚児田楽で2名の露払いが持つ太鼓の絵の一つには、烏が描かれています(もう一つはうさぎ)。

渡御(とぎょ)の列では、馬の背に乗った衣冠束帯姿の子どもが勅使役として現れます。
子どもが馬の背で眠り始めると、「神がついた」と愛らしい姿を見て見る人たちは喜ぶそうです。




 見どころ 

稚児田楽・風流、貴重な稲米儀礼の古典的な舞いは、歴史と風情を感じます。



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR常磐線「植田駅」下車、車で約5分

②車
 常磐自動車道「いわき勿来IC」から約6km

<お問合せ>
 0246-33-3354(御宝殿熊野神社)
 0246-44-6545(いわき観光まちづくりビューロー)
 0246-23-0122(いわき市総合観光案内所)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR