日本語 English 大きくする 標準 小さくする

まりも祭り (北海道 釧路市)

2013/07/03

 場所・期間 

<場所>
・釧路市阿寒町
 阿寒湖温泉

<期間>
・毎年10月8日~10日









 概要 

国の特別天然記念物「まりも」に感謝を捧げる神事です。


1日目は、普段は立ち入ることのできない保護区で、まりもの観察会が行われます。


2日目の夜には、まりもを迎える儀式が執り行われます。
丸木舟に乗ったアイヌの青年が阿寒湖でまりもを採り、アイヌの長老に手渡した後、長老を先頭に阿寒湖岸からアイヌコタンまでの約3kmを松明を持って歩きます。
アイヌコタンにつくと、まりもを守る儀式が行われます。
同時に、女性たちによる鶴の雌雄の恋を演じた鶴の舞や、老人による弓の舞、若者による剣の舞などのアイヌ伝統舞踊も披露されます。


3日目の朝には、まりもを送る儀式が執り行われた後、前日の晩と同じく、アイヌコタンから阿寒湖岸まで行進をし、長老が丸木舟に乗ってまりもを阿寒湖に還します。
 



 由来・歴史 

絶滅や盗採からまりもを保護する目的で昭和25年に始まったまつりですが、自然の神々へ感謝の祈りを捧げる、アイヌ伝統の神事として定着しています。










 見どころ 

2日目の夜に行われる松明行列は神秘的です。
漆黒の中にそびえる黒々とした大木の影、松明の火に映えるアイヌ伝統的衣装は、異空間にいる錯覚を覚えます。


アイヌコタンで繰り広げられる伝統の舞も感動的です。
同じ日本でも、他に類を見ない独特の伝統芸能と、自然と共に生きてきたアイヌの人たちの習慣は、見る者を魅了します。


雄大な阿寒湖の大自然と共に堪能できる神事で、期間中は、美しい紅葉が彩りを添えてくれます。




 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR「釧路駅」からバスに乗り換え、「阿寒湖畔」下車、徒歩10分

②車
 道東自動車道「足寄IC」から60分

<お問合せ>
 0154-67-3200(NPO法人 阿寒観光協会まちづくり推進機構)
 



 フォトギャラリー 

   

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、阿寒観光協会まちづくり推進機構よりご協力をいただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR