日本語 English 大きくする 標準 小さくする

大富神社神幸祭(八屋祇園) (福岡県 豊前市)

2014/03/02

 場所・期間 
 
<場所>
・豊前市大字四郎丸山田
 256番

 大富神社

<期間>
・毎年4月30日~5月1日

※スケジュールは、左画像をクリックして下さい。
 

 

 概要 
 

大富神社では春の「神幸祭(じんこうさい)」、夏の「名越祭(なごしさい)」秋の「御供揃(ごくぞろえ)祭」と三つの大祭があり、中でも最も規模が大きいものが春の神幸祭です。

この神幸祭は江戸時代までは名越祭と同時に旧暦6月29日に行われていましたが、明治初年に名越祭と分離して4月30日、5月1日に行われるようになりました。  

祭りは、神前で幣を立てた船形のまわりに、一文字笠、紋服、白扇姿の唄衆が蹲居(そんきょ)し、船歌を唱和することから始まります。さらに感応楽の奉納がすむと、笛衆・笠鉾・船形・神輿三台・神職が乗った神馬(しんめ)の順で巡行を始め、途中八屋の町では幟を立てた船車や岩山・人形を乗せた飾山、さらには少女歌舞伎が演ぜられる踊り車等の山車が合流し、御旅所である八屋の八尋(やひろ)浜の御神幸場を目指します。山車は夜半まで思い思いにねり歩き、町は祭り一色に染まります。  

翌日、行列は再び大富神社を目指しますが、二日間にわたる祭りは豊前を代表するものです。 県指定無形民俗文化財です。


参考】山田の感応楽 (県指定無形民俗文化財)  

大富神社神幸祭では、隔年で山田の感応楽が奉納されます。(感応楽が無い年は、大村神楽講が神楽を奉納します)  

感応楽は天地感応楽、国楽とも呼ばれています。
舞の中心になるのは、中楽六人と団扇使二人で、団扇使は裃(かみしも)に菅笠(すげがさ)、角団扇をもち楽の指揮をとります。中楽は前垂、ヘラの皮の腰蓑、赫熊(しゃぐま)をつけ、締太鼓を胸の前に抱え、背に幣を立てるという出で立ちで、中心的な役割を果たします。
お囃子は笛・鉦で構成され、この他に読み立て・丸大団扇持ち、汐水取り、さらに側楽(がわがく)(花楽)として中楽と同じ服装で子供達が参加します。中央に幣を立てて、団扇使い、中楽を中心に側楽・囃子と三重の円陣を組んで、中楽は撥を大きく振り上げ太鼓を打ち鳴らし、激しい動きを通じて神と感応する、という舞楽です。
 



 由来・歴史 

神幸祭りの起源は古く『宗像八幡宮縁起』によると聖武天皇12年(740)、大宰府の藤原広嗣の乱に際し京都郡大領外従七位(たいりょうげじゅなない)上田勢麻呂(うえだせまろ)、上毛郡擬大領(こうげぐんぎたいりょう)紀宇麻呂(きのうまろ)等、五郡の太守らが出兵します。

そして翌年には乱を鎮圧して凱旋し、八屋八尋浜に神輿を奉納して茅輪神事の行法など行ったのが名越祭(神幸祭)の起源だといわれています。

この神幸祭の行列はその時の紀宇麻呂が凱旋する姿を模したと言い伝えられています。

 

 見どころ 

30日夕刻の八屋住吉のお旅所周辺。
神輿に続き、昼は飾り山だった山車が提灯(ちょうちん)山に変身して次々に集まります。
先陣をきるのは独特の鉦、太鼓の音にのった船車。重さ3トン、高さ7メートルの大山鉾2基は博多山笠をしのぐ大きさで、地響きをたてて到着、祭りは最高潮に達します。

 


 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR日豊本線「宇島駅」から徒歩約20分
   地図は、左図をクリックして下さい。


<お問合せ>
 0979-82-1111(豊前市教育委員会)
 



 フォトギャラリー 

   
 

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、豊前市教育委員会よりご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR