日本語 English 大きくする 標準 小さくする

泥打ち祭り (福岡県 朝倉市)

2013/07/27


Copyright  Hidekawa0627


 場所・期間 

<場所>
・朝倉市杷木穂坂
 阿蘇神社


<期間>
・毎年3月28日 
 14時~16時頃
 



 概要 

五穀豊穣を祈願する奇祭です。


神主の祝詞の後、宮座に集まった氏子が大盃に入ったお酒を飲み回します。
ひとまわり終わった所で「おみくじ」で今年の代宮司が決定されます。


純白の神衣に着替えた代宮司は、境内に設けられた「神の座」につきます。傍らには、神田から運ばれた土で泥がこねられてあり、氏子の中で小学5・6年生の男の子12名が神紋入りの法被を着て、たすきがけに手拭をかぶり、腰に〆縄をはった姿で待ちかまえ、代宮司が泥土の中に座ると同時に、一斉に代宮司の体に泥土を塗りつけます。

大盃で酒を飲み、酔いのまわった代宮司は、泥土と共にフラフラと立上って、牡獅子、牝獅子の先導のもとに、両脇を若衆に支えられながら約500m離れた道祖神までの御神幸を行います。
この間3~4m毎に用意してある泥土を取って、子供達がよろめく代宮司めがけて投げつけます。
家も人も道路も泥だらけになる、まさに天下の奇祭です。


県の無形文化財に指定されています。
 



 由来・歴史 

代宮司の体に泥が多くつくほど、その年は豊作であると言われています。



 見どころ 

体中泥だらけになる代宮司の姿は異様ですが、楽しい神事です。
若衆、子供たちも泥だらけにながらも笑顔でいっぱいです。



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR久大本線「筑後大石駅」から車で約15分

<お問合せ>
 0946-52-1428(朝倉市 農林商工部 商工観光課)
 0946-62-0730(道の駅「原鶴」インフォメーションセンター)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR