日本語 English 大きくする 標準 小さくする

夜神楽 (宮崎県 高千穂町)

2013/07/10

 場所・期間 

<場所>
・高千穂町
 町内19の集落

<期間>
・毎年11月下旬~2月上旬
 
※神楽は、各地区ごとに普通の民家(神楽宿・かぐらやど)毎年変わるので、開催場所や開催日時の詳細は、以下のサイトでご確認ください。
http://takachiho-kanko.info/event/yo_schedule.php
 

 概要 

里ごとに氏神(うじがみ)様を神楽宿(かぐらやど)と呼ばれる家にお招きし、 夜を徹して三十三番の神楽を一晩かけて奉納する神事です。
天照大神(あまてらすおおみかみ)をはじめ、 日本の神話や伝説の中に登場する神々が総出演する神楽です。
特に、高千穂の里人が祀る神様の中心は、荒神様と呼ばれる五穀豊穣をもたらす水源と山の神です。

一番から七番までを淀七番(よどななばん)と呼び、神々が天孫降臨(てんそんこうりん)の場を固めて国造りをしたことを表す重要な舞いで、必ず舞われます。
淀七番の後も、安産祈願の舞や、厄難を払う舞、豊作を祈る舞など様々な舞が続きます。

国の重要無形民俗文化財に指定されています。
 



 見どころ 

「天の岩戸」伝説のある、高千穂で見る日本の神々の舞いは感動的です。
特に、夜明け頃に行われる「天の岩戸」伝説を模した岩戸五番(里によっては六~七番あることもあります)は、夜神楽の中でも大変人気があります。
神さまが観客席に交じって、こっけいな振る舞いを見せるシーンなどもあり、会場は笑いであふれます。

集落によって舞う順番や題目、演者が変わるので、同じ夜神楽でも違った趣があります。
 



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 高千穂神社
 JR「延岡駅」からバスに乗り換え、「高千穂バスセンター」下車、徒歩10分

②車
 高千穂神社
 九州道「益城熊本空港IC」から県道36・28号・国道325号経由で100km 

<お問合せ>
 0982-72-2413 (高千穂神社) 
 0982-73-1213 (高千穂町観光協会)
 



 フォトギャラリー 

   

   

   
   
画像出典:
本ページに掲載している全画像は、みやざき観光コンベンション協会よりご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR