日本語 English 大きくする 標準 小さくする

ケベス祭 (大分県 国見町)

2013/07/05


Copyright  mhirano0531


 場所・期間 

<場所>
・国東(くにさき)市国見町
 櫛来社(くしくしゃ)

<期間>
・毎年10月14日



 概要 

起源やケベスの語源など、謎に包まれた火祭りです。

境内に積み上げられたシダの柴木の山に点火し、燃えさかる火を守る白装束の「トウバ」たちと、そこに突入しようとする奇怪な面の「ケベス」が争います。
ケベスは何度も突入を試み、ついに成功して棒でシダの山をかき回し火の粉を散らすと、その後はトウバも火のついたシダを持って境内を走り回り、参拝者を追い回します。

国の選択無形民俗文化財に指定されています。

※火の粉が舞い散るので、燃えにくい服装と着帽は必須です。
 



 由来・歴史 

火の粉を浴びると厄が払われ、無病息災になると言われています。    

トウバとケベスをつとめる氏子たちは、午後6時頃に、浜に降りて全裸となり、「潮かき」と呼ばれる禊(みそぎ)を行います。

櫛来社は、約1,100年の歴史があります。
 



 見どころ 

奇怪なケベスの面には、祭りの神秘性を感じます。

闇夜に浮かぶ燃え盛る炎、飛び散る火の粉は壮観です。

燃えるシダを持ったケベスとトウバに追い回される観客からは、悲鳴と笑い声であふれ、境内は盛り上がりをみせます。
 



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR「宇佐駅」からバスに乗り換え、「古江」下車、徒歩0分

②車
 大分道「速見IC・JCT」から国道213号経由で35km

<お問合せ>
 0978-72-5168 (国東市商工観光課)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR