日本語 English 大きくする 標準 小さくする

武雄の荒踊 (佐賀県 武雄市)

2013/06/21


Copyright  Hidekawa0627



Copyright  Hidekawa0627



Copyright  Hidekawa0627


 場所・期間 

<場所>
・武雄市
 中野:磐井八幡社
 宇土手(うとで):正一位神社
 高瀬(こうぜ):松尾神社

<期間>
・毎年9月23日(秋分の日)





 概要 

踊りは、モッショ(猛将、模師匠)とカキ(垣)と呼ばれる踊り手と、笛・鉦・モリャーシ(締め太鼓)・大太鼓の囃し方及び謡い手から構成されています。

モッショは、先モッショ(2、3人)と後モッショ(1、2人)からなり、踊り手の中心、指揮者となります。
その周りにカキが円陣をつくり、謡い手の唄にあわせて、力強く軽快に踊ります。

衣装は、化粧垂れに鉢巻きをし、モッショは大小二本差しを、カキは刀一本差しの姿です。

踊りには2系統あり、宇土手・高瀬地区のものは素朴で力強く、武道の型を思わせます。
中野地区は、優美で手の振りに特色があります。

国の重要無形民俗文化財に指定されています。
 



 由来・歴史 

荒踊りは旧武雄領のみに伝わる芸能で、約400年の伝統を誇ります。
起源は定かではありませんが、一説に享禄3年(1530)島原の有馬氏が武雄を攻めて住吉城に迫った時、第18代武雄領主後藤純明が夜襲によってこれを破り、足軽たちが戦勝を祝い即興的に踊ったのが始まりといわれています。



 見どころ 

さまざまに陣形を変えたり、足を踏ん張ったり、厳しい調子の掛け声をかける独特の踊りです。



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>

 磐井八幡社
 ・JR「武雄温泉駅」から車で5分
 ・長崎自動車道「武雄北方IC」から車で5分

 正一位神社
 ・JR「武雄温泉駅」からJRバス嬉野温泉駅行き乗車、「天竜庵」下車、徒歩5分
 ・長崎自動車道「武雄北方IC」から車で20分、又は「嬉野IC」から車で10分

 松尾神社
 ・JR「武雄温泉駅」から車で15分
 ・長崎自動車道「嬉野IC」から車で5分

<お問合せ>
 0954-23-9237(武雄市観光課)
 0954-23-7766(武雄市観光協会)


画像出典:
本ページに掲載している全画像は、佐賀県より、ご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR