日本語 English 大きくする 標準 小さくする

数方庭(すほうてい) (山口県 下関市)

2013/06/10


Copy right  97771023


 場所・期間 

<場所>
・下関市長府町
 忌宮神社

<期間>
・毎年8月7日~13日



 概要 

期間中、毎晩7時から約20mほどもある幟竹を持った男たちが、太鼓・締め太鼓・鉦の音に合わせて境内にある「鬼石」の周りを3度廻ります。

女性は切籠(きりこ)灯籠を持って参加します。

山口県無形民族文化財に指定されています。

 



 由来・歴史 

1,800年の歴史がある祭りです。

第十四代仲哀天皇の御代、この地に朝鮮半島の新羅から塵輪(想像上の怪物)がやって来たため、天皇方がこれに応戦をしました。
天皇の2人の弟が討ち死にしたので、天皇自ら弓矢をとって塵輪を討ち、その首を埋めて大きな石を乗せた場所が鬼石と言われています。 
人々は矛をかざして旗を振って歓喜のあまり踊り廻ったといわれ、これが数方庭の由来とされています。

江戸時代までの数方庭は、その由緒に基づき、矛や剣、薙刀等を持って「鬼石」の回りを踊り廻るものでしたが、府藩三代藩主の毛利綱元公の時(元禄の頃)に、平安の世に武器はふさわしくないとの理由で現在の竹になりました。
 



 見どころ 

何十本もの幟竹が林立して「鬼石」を廻る様と、長くて重い幟竹をみごとに操る様子は勇壮です。



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 JR「長府駅」よりバスに乗り換え、「城下町長府」下車、徒歩5分

②車
 中国道「下関IC」から国道9号経由で6km

<お問合せ>
 083-245-1093(忌宮神社)
 083-231-1350(下関市役所 観光交流部観光政策課

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR