日本語 English 大きくする 標準 小さくする

祇園祭 (京都府 京都市)

2013/06/02


Copy right  MaturiJP


 場所・期間 

<場所>
・京都市東山区
 八坂神社

<期間>
・毎年7月1日から1カ月間
・宵山は、7月14日~16日
・山鉾巡行は、7月17日
・神輿渡御は、7月17日



 概要 

疫病退散祈願が起源となった、豪華な山鉾が美しい祭りです(山鉾は、重要有形民俗文化財)。

7月の約1カ月間、市中のあちらこちらに鉾が立ち、昔ながらの風情を感じることができます。

大阪の天神祭、東京の山王祭(あるいは神田祭)と並んで日本三大祭りの1つです。
 



 由来・歴史 

清和天皇の貞観11年(869)に疫病が流行り、これは牛頭天王(ごずてんのう)の祟りであるとし、祇園神社(八坂神社の前身)に牛頭天王(スサノオノミコト)を祀り、日本の昔の国の数である66本の鉾をつくって神泉苑に送り、御霊会(ごりょうえ)を行ったのが始まりと言われています。

御霊とは、怨霊を奉ることで、悪霊の威力を転じて病魔退散の神として祀ります。

宵山、宵々山、宵々々山には旧家や老舗にて伝来の屏風などの宝物の披露も行われるため、「屏風祭」とも言われています。
 



 見どころ 

7月16日の宵山の提灯は異次元の世界観です。

宵山の鉾の下では、厄除けのチマキが売られています。

翌日は、9基の鉾と23基の山が午前9時に四条烏丸を太鼓や笛とともに出発し、四条通り、河原町通り、御池通りを巡行します。

八坂神社では、鷺舞が奉納されます。




 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
 電車
 地下鉄「四条駅」「烏丸御池駅」ほかから徒歩0分 

<お問合せ>
 075-752-0227(京都市観光協会)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR