日本語 English 大きくする 標準 小さくする

吉野山の桜 (奈良県 吉野町)

2013/08/03


Copyright  beaphoto1



Copyright  beaphoto1



Copyright  dokkamovie


 場所・期間 

<場所>
・吉野郡吉野町

<期間>
・4月上旬~4月下旬






 概要 

古くから歴代天皇が訪れ、歌人たちが和歌に詠んできた吉野は、いわずと知れた花の名所です。

吉野山の桜は、下千本・中千本・上千本・奥千本の4箇所に密集しており、シロヤマザクラを中心に約200種30,000本の桜があると言われています。


例年4月初旬から末にかけて、下→中→上→奥千本と、
山のふもとから山上へ順に開花してゆくので、長い間桜を楽しむことができます。


ゆっくりと桜の風情を味わいたい場所です。
写真撮影にふさわしい絶景スポットもありますので、みなさんのお気に入りの場所を探してみてはかがでしょうか?
 



 由来・歴史 

2004年7月、吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ユネスコの世界遺産に認定されました。
吉野水分神社・金峯神社・金峯山寺・吉水神社などの世界遺産の建造物とともに愛でる桜は感動的です。


南朝ゆかりの史跡、源義経ゆかりの地や、西行庵、西行や芭蕉が逍遙した文学の史跡など、歴史的な場所が数多く見られます。
 



 見どころ 

・下千本(麓から金峯山寺(きんぷせんじ)まで)
 昭憲皇太后立碑から望む山の峰と桜は絶景です。


・中千本(吉水神社から如意輪寺まで)
 豊臣秀吉が文禄3年(1594)に盛大な花見の本陣を張ったと言われる神社です。
 境内から見渡す下・中千本の桜は、「一目千本」といわれる絶景ポイント見事です。


・上千本(花矢倉展望台、吉野水分(みくまり)神社付近まで)
 花矢倉展望台からは、吉野山の地域を広範囲に見下ろせます。起伏のある吉野山が白とピンクの花を帯びた美しい風景です。


・奥千本(西行庵まで)
 復元された庵ですが、吉野の桜を愛し、歩き、歌を詠んだ西行世界観に浸ることができます。
 



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 大阪阿部橋駅から近鉄特急で、「吉野駅」下車(1時間20分)、
 徒歩3分の「千本口駅」で吉野山ロープウェイに乗り3分、「吉野山駅」下車

②車
 南阪奈道「葛城IC」から30km 

<料金>
 無料

<営業日>
 散策自由

<お問合せ>
 0746-32-1007(吉野山観光協会)
 



 フォトギャラリー 

      

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、吉野町役場よりご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR