日本語 English 大きくする 標準 小さくする

梅花祭 (京都府 京都市)

2013/07/22


Copyright  Akihiro Ohashi


 場所・期間 

<場所>
・京都市上京区馬喰町 
 北野天満宮


<期間>
・毎年2月25日

①祭典     10:00~ 約50分間 <本殿> 
②茶会(野点) 10:00~15:00  <三光門前広場>

※梅の見頃は、2月上旬~3月中旬
 



 概要 

御祭神、菅原道真公が延喜3年(903)2月25日薨去された命日に行われる祭典です。


紅白の梅が咲き、芳しい香りが漂う中、神事と野点が開催されます。


約2万坪の境内には、50種、約1,500本の梅が咲き誇り、芳しい香りが漂い、梅の花を愛した菅原道真公がしのばれます。


野点は、菅原道真公1050年大萬燈祭あたる昭和27年から毎年「梅花祭野点大茶湯」を開催されています。
天正15年(1587)に豊臣秀吉公が境内で北野大茶湯を催した故事に因んで、上七軒総出(芸妓15名・女将15名)の奉仕により、お茶が点てられます。
 



 由来・歴史 

北野天満宮は、村上天皇が天暦元年(947)菅原道真公の御霊を鎮めるために創建された神社です。


鳥羽天皇が、天仁2年(1109)2月25日にこの祭典が行われた記録が残っていることから、約900年もの古い歴史があります。


大宰府に左遷された道真公が詠んだ歌、「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 主(あるじ)なしとて春を忘るな」はあまりにも有名です。
 



 見どころ 

美しい梅の色と香り、風情ある天満宮の建物が織りなす風景は見事で、その中で頂くお茶は格別です。

花はもちろん、艶やかな美しい着物を着た芸妓と女将たちも華を添えてくれます。



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 


<アクセス>
①電車
 ・JR「京都駅」より市バス50・101系統
 ・JRまたは地下鉄「二条駅」より市バス55系統
 ・JR「円町駅」より203系統 
 ・地下鉄「今出川駅」より市バス203系統 
 ・京阪「出町柳駅」より市バス203系統/京阪三条駅より市バス10系統 
 ・阪急「四条大宮駅」より市バス55系統 
 ・京福電車「白梅町駅」より徒歩5分 
 
 ※いずれも「北野天満宮前」下車すぐ

<料金>
 ①野点拝服:1,500円(1月25日より拝服券頒布)

 ②梅苑公開
  大人:600円(中学生以上) 、小人:300円(梅茶・菓子付) 

<開園時間>
 夏:5時~18時
 冬:5時30分~17時30分

<お問合せ>
 075-461-0005(北野天満宮)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR