日本語 English 大きくする 標準 小さくする

曾根天満宮祭 (兵庫県 高砂市)

2013/07/05


Copyright  TheKENSHIN80


 場所・期間 

<場所>
・高砂市曽根町
 曽根天満宮

<期間>
・毎年10月13日~14日






 概要 

童児(頭人)が額に「八」の字を描き、狩衣姿に長い山鳥の尾を飾った花笠をかぶり、馬の背に乗って宮入りする「一ツ物神事」、幟を立てた竹を地面に激しく叩きつけて割る「竹割の神事(一ツ物神事の露払い)」や、11台の布団屋台の威勢いい練り合わせなど、見所満載の祭りです。

他にも、「お面掛け」「奉納相撲」といった様々な行事が行われ、約200軒の露天が境内に並び、祭り一色で賑わいます。
 



 由来・歴史 

「一ツ物神事」はもっとも大切な神事で、両日とも氏子中曽根(そね)・伊保(いほ)・東西阿弥陀(あみだ)の4町から一人ずつ児童が選ばれます。

一ツ物は目に見えない神様の姿を具現化したもので、祭りの期間中一ツ物頭人には神様が憑依(ひょうい)し、その子供が無意識に発する言葉を神の意志として受け取っていたと言われています。

そのため、子供は、馬に乗せたり、肩車をして地面に足をつけないように大切に扱われます。



 見どころ 

布団屋台の「屋台練り」は祭りの華です。
地元では「ヤッサ」と呼ばれる2tもある豪華で独特の形をした布団屋台が、人で埋め尽くされた境内で揉み合う様子は圧巻です。

また、2日目に町を練り歩き神社に返ってきた馬上の一ツ物(児童)を、若衆が肩車で社殿を疾走して境内1周する「馬駈け」も祭りを盛り上げます。

 



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 山陽電鉄「山陽曽根駅」から徒歩3分

<お問合せ>
 079-447-0645(曾根天満宮)
 079-443-0500(高砂市観光協会)
 



 フォトギャラリー 

   

   

画像出典:
本ページに掲載している全画像は、神戸観光壁紙写真集よりご協力いただきました。

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR