日本語 English 大きくする 標準 小さくする

岸和田だんじり祭 (大阪府 岸和田市)

2013/06/19


Copyright  danjiriwalker


Copyright  YAMATOIRO


 場所・期間 

<場所>
・岸和田市
 岸城神社、岸和田天神宮、旧市街地

<期間>
・毎年9月 敬老の日の直前の土・日曜日
 2013年9月14日(土)~15日(日)




 概要 

言わずと知れた有名な祭りで、だんじり22台が市内を駆け回ります。


もとは五穀豊穣を祈願する神事ですが、時代も住環境も変わった今は、住民同士の結束を強めるコミュニケーションの役割も大きいです。


4tもあるだんじりが町内の角を勢いよく曲がり、駆け抜けます。
祭りの二日間、だんじりは定められた曳行路を何周も何周も駆け巡ります。


曲がり角ごとに「やりまわし」には、一糸乱れぬチームの結束が必要です。
だんじりを前へ前へと曳く青年団、旋回のきっかけをつくる前梃子、舵取り役の後梃子、後梃子に合図を送る大工方、それぞれのタイミングを合わせるのは至難の業であり、腕の見せどころです。
速く、正確に「やりまわし」を行うには、それぞれの持ち場を受け持つ人たちの呼吸が重要です。
 



 由来・歴史 

約300年の歴史と伝統を誇る祭りです。


元禄16年(1703年)、岸和田藩主岡部長泰(おかべ ながやす)公が、京都伏見稲荷を城内三の丸に勧請し、米や麦、豆、あわやひえなどの5つの穀物がたくさん取れるように(五穀豊穣)祈願し、行った稲荷祭が始まりと伝えられています。


昔からのしきたりで、だんじりは、子どもからお年寄りまで各年齢層ごとに役割が決められ、運営され、代々引き継がれています。
 



 見どころ 

なんと言ってもだんじりが疾走する様は、豪快で迫力満点です!


だんじりとともに疾走するたくさんの人の勢いのある声とエネルギー、法被姿、だんじりの大屋根の上(高さ4m)でリズミカルに踊る大工方は、祭りの華で、さまざまな妙技を見せてくれます!


欅の木目を活かした美しいだんじりは、その造りと彫刻も見事です。
人物、馬、霊獣、そして花鳥ものから唐草などの文様や、戦記物語や神話物語の名場面、歌舞伎、人形浄瑠璃、講談での演目なども必見です。


昼間の喧騒とは一転、祭りの2日間の午後7時から10時までの間は、だんじりに約200個の提灯が灯されます。
昼間のだんじりの「動」に対し、雅やかな「静」とそれぞれの顔も祭りの魅力です。


岸和田城を背景に滑走するだんじりも絵になる風景で、見るものすべてが魅力に溢れている必見の祭りです!
 



 アクセス・料金・営業日・お問合せ 

<アクセス>
①電車
 南海「蛸地蔵駅」から徒歩5分

<お問合せ>
 072-423-9486 (岸和田市役所)
 072-436-0914(岸和田市観光振興協会)

日本の祭りと花の旅めぐり  (Japan Festival & Flower Guide)

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-23-2  

発行・編集:             ちば まきこ
          (http://makiko-kaki-design.r-cms.biz/
ホームページ制作: Masashi 
          (国家資格 通訳案内士 登録番号第EN03360号)
          (http://masashi-kaki-design.r-cms.biz/)

携帯(担当 Masashi): 090-4548-4538
e-mail:      masashi.kaki.design@gmail.com 

旅の情報

パートナーシップ

ニッポンのイベント紹介サイト
「JAPAN ATTRACTIONS」


JAPAN ATTRACTIONS

お祭り&花の情報 募集中!

無料にて掲載
皆さんの情報をぜひお寄せください!

地元の祭り(Festival)や花(Flower)の情報など、
全国の"F"にまつわるイベント情報をPRしませんか?


皆さまからの情報をお待ちしています。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

masashi.kaki.design@gmail.com

 

PR

PR